アガリクスの効果・効能講座TOP » 他の補完代替療法との比較

他の補完代替療法との比較

がんの補完代替療法として選ばれることの多い、アガリクス以外の成分を6つピックアップし、その特徴や効果などをまとめました。

がんの補完代替療法に使われる成分

厚生労働省「我が国における代替療法に関する研究」の発表結果によると、日本におけるがん治療患者全体で、補完代替療法利用率44.6%と半数近く、その内96.2%の患者が、健康食品やサプリメントを取り入れています。

利用率の内訳は1位がアガリクスで60.6%2位はプロポリスの28.8%でした。

がん治療の先進国アメリカでは、すでに医療現場でアガリクスが補完代替療法として取り入れられています。近年、日本でも医療と並行して個人的に取り入れる方も増えています。

癌の治療に効果が期待できる成分を知りたいという方は、各ページの内容について簡潔にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

プロポリス

プロポリスは、ミツバチが樹液と蜜ロウや唾液を混ぜて作った物質です。

非常に高い抗菌作用を持つプロポリスの特徴や癌へのはたらきについて説明しています。

AHCC

AHCCは、食物繊維のひとつでαグルカン含む多糖類であり、糖尿病や高血圧、がん治療に期待されています。

AHCCの特徴やがん細胞へのはたらきについて説明しています。

フコイダン

フコイダンは、昆布やワカメ、メカブ、もずくなどの海藻に含まれている食物繊維で、「ぬめり」成分が主成分となった多糖類です。免疫力アップや血中コレステロール低下作用、がん治療にも期待されています。

フコイダンの特徴や癌へのはたらきについて説明しています。

メシマコブ

メシマコブはβ-グルカンを含む多糖体を多く含んでおり、免疫細胞の活性力アップに優れ、風邪や感染症などの予防に効果的です。

メシマコブの特徴や癌へのはたらきについて説明しています。

霊芝

霊芝はβ-グルカンを含む多糖体を多く含んでおり、免疫細胞の活性力アップに優れ、糖尿病や高血圧・高脂血症などの予防・改善に効果的です。

霊芝の特徴や癌へのはたらきについて説明しています。

冬虫夏草

冬虫夏草はキノコの一種で、古来の中国では不老長寿、滋養強壮の薬として重宝されてきました。がん細胞の抑制、糖尿病予防や動脈硬化防止、コレステロール抑制、血圧降下作用に効果的です。

冬虫夏草の特徴や癌へのはたらきについて説明しています。