MENU
正しく知って免疫力アップ!アガリクスの効果・効能講座 » 他の補完代替療法(健康食品)との比較 » AHCC

AHCC

近年、癌治療への効果が期待されている「AHCC」について、その特徴や概要、また有効と言われている理由について、詳しく紹介していきます。

AHCCの効果・効能

免疫力を向上させて細胞を活性化する

当初AHCCは、糖尿病や高血圧などの予防や治療の目的で使用されていましたが、研究が進むにつれて、癌治療にも効果があることが分かってきました。AHCCには、癌の移転を抑制し、免疫力を向上させて細胞を活性化させる効果があります。

研究データによると、動物実験において癌の転移を抑制し、さらに薬物による肝臓への障害が改善するという結果が報告されています。さらに臨床実験でも「樹状細胞」の数を上昇させる結果や、「ナチュラルキラー(NK)細胞」の活性化を助ける「インターロイキン-12」(IL-12)と呼ばれる物質を体内で引き出す結果が報告されています。

AHCCは直接癌細胞に働きかけるわけではなく、自己が持っている自然治癒能力を向上させて、癌細胞に対抗する効果を持っているのです。

AHCCはどこの商品?

AHCCは、株式会社アミノアップ化学が持つ登録商標です。東大薬学部の岡本教授とアミノアップ化学との共同研究によって開発されました。現在では日本だけでなく、世界中のさまざまな地域で販売されており、補完代替医療として幅広く利用されています。

AHCCの成分「α-グルカンとβ-グルカン」

AHCCには「α-グルカン」という成分が含まれ、アガリクスには「β-グルカン」が含まれています。(グルカンというのはブドウ糖が含まれている「多糖体」の総称)α-グルカンとβ-グルカンはグルコースというブドウ糖の繋がりが少し違うだけで、同じグルカンです。しかし、身体のなかに取り入れるとその効果は大きく異なってきます。

α-グルカンの働きについて

α-グルカンは通常のキノコからはほとんど摂ることのできない希少な成分です。ジャガイモやトウモロコシに含まれるでんぷんや、そのでんぷんの消化されにくい部分を生成したデキストリンなどがα-グルカンに分類されます。α-グルカンは唾液によってアミラーゼと呼ばれる酵素に分解、身体のエネルギー源であるブドウ糖になります。

α-グルカンをしっかり摂取すると栄養状態が改善され、免疫力も向上すると言われています。α-グルカンには免疫力向上や抗癌作用など、さまざまな効果が期待されていますが、その働きのメカニズムはあまり明らかになっていません。安心して癌治療の補完代替医療として用いられる日はもう少し先になりそうです。

β-グルカンの働きについて

β-グルカンはアガリクスをはじめとするキノコ類やパン酵母、麦に多く含まれている成分です。免疫力を高め、体内に侵入したウイルスや細菌から身体を守ってくれます。β-グルカンにはマクロファージやナチュラルキラー細胞、白血球などの免疫細胞を活性化する働きがあると多くのエビデンスで紹介されており、科学的裏付けがしっかりとしている免疫活性化成分と言えるのです。

AHCCとアガリクスを比較

研究がはじまったばかりで不安を抱えるAHCC

AHCCは癌患者をはじめ免疫力が低下した人に用いられることが多い食品。アメリカでは癌患者の栄養状態改善をサポートする商品として医師に認められ、「メディカルフード」として取り扱われています。

日本でも関西医科大学で肝細胞癌患者を対象に、AHCCを摂取してもらう臨床試験が行われました。実験で再発率の低下や生存期間の延長、AHCCがもたらしてくれる可能性が示されはしたのですが、そのメカニズムは明らかになりませんでした。

また、軽度の吐き気を催した患者3名が臨床試験を途中でリタイアしているのも気になります。研究がまだはじまったばかりで分かっていないことが多いのがAHCCを摂取するうえでの不安になりそうです。

一方、アガリクスには多くのエビデンスがあり

特に、アガリクスに含まれるβ-グルカンという成分が持つ、免疫力を活性化して癌治療を助ける働きについては実験や臨床試験の数が豊富。

また、厚生労働省の発表によると日本の癌患者で補完代替療法としてサプリや健康食品を摂り入れている人のうち60.6%がアガリクスを摂取しているそうです。それだけの人がアガリクスを利用しているのは、アガリクスに高い健康効果が感じられるというなによりの証ではないでしょうか。多くの人が問題なく服用できていることは強い安心感にも繋がりますよね。

AHCCとアガリクスはどちらも癌治療をサポートする働きが期待できる食品ですが、摂取する際の安心感ではアガリクスの方がはるかに上だと言えそうです。

アガリクスの癌への効果をもっと詳しく見る

AHCCとは?

AHCC(Active Hexose Correlated Compound)は、活性化されたヘミセルロース集合体の略であり、食物繊維のひとつです。

主成分は、α-グルカンという多糖類。ちなみに、アガリクスの主成分はβ-グルカンです。

AHCCはキノコ類に属している担子菌をもとに、通常は食用としない菌糸の部分を、バイオ技術を用いた製法で抽出し、人工的に培養した植物性多糖類のことを言います。

2017年、AHCCがアメリカで「メディカルフード」として認定されることが決まりました。メディカルフードとは医師監修のもと患者の栄養管理のために用いられる食品のこと。つまり、お医者さんが認めた栄養食品ということです。

AHCCは癌患者の栄養状態の改善をサポートする食品として、提出されたいくつかのエビデンスの裏付けのもとメディカルフードとして認められました。医師が認める癌治療のサポート食品なので、安心して摂取できますね。

AHCCの効果が見込める癌の種類

AHCCの服用でがんへの免疫力を向上させられると言われていますが、どの部分に発生したがんに対しても効果があるのでしょうか?その研究の結果を調べてみるとやはり報告数は少なく、全てのがんに対しての効果が認められているわけではありません。こちらでは、AHCCが効果を発揮すると思われるがんの種類についてご紹介しましょう。

肝細胞がんの方に対する臨床試験の結果

関西医科大学によるこちらの試験は、対象となった患者は無作為選出ではないものの、113名の肝細胞がんの患者に対してAHCCを摂取してもらった試験の結果です。最長で9年間に渡りAHCCの摂取を続けてもらったところ、がんの再発を抑制する効果、生存を延長する効果などが期待できると報告されています[1]。

また、タイで行われた研究では、進行性の肝細胞がん患者44名の内34名にAHCCを摂取させ、10名にプラセボを摂取させました。その結果として、AHCCを摂取した方が生存した期間が長く、生活の質が向上したそうです[1]。

乳がんや大腸がんにも効果が期待される

同じく関西医科大学の2002年の調査結果によると、乳がんや大腸がん、膵がん、直腸がん、胃がん、肺がん、胆のうがんなどにも効果が期待できるとされています。この報告によると、AHCCを摂取したグループの方が、がんの再発率と術後の生存率が高かったそうです。

AHCCを摂取していた病期IVの乳癌症例(n=19)の survival rate は9年で約60%(全国集計約20%)であった。大腸癌症例で5年生存率をみると,化学療法にAHCC摂取を加えることにより,一般他施設より予後の良い傾向が認められた。

出典:関西医科大学 上山泰男『(PDF)3.癌患者におけるAHCCの使用経験』

具体的な数字を見てみると、乳がん生存率が全国平均20%のところ60%に上昇し、大腸がんでも生存率が上がったとされています。確かに、40%も生存率が上昇すると考えると素晴らしい効果ですが、乳がん以外では具体的な数字によるデータが掲載されておらず、肺がんや胃がんなどの調査に対する結果の詳細は不明です。

子宮頸がんの原因ウイルスを死滅させる可能性

2014年にアメリカ・ヒューストンで開催された「アメリカ癌統合医療学会」では、AHCCが子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスを死滅させるとの報告がなされました。

ただし、この研究結果の詳細は不明であり、AHCCがどのように作用してウイルスを死滅させるのか、という因果関係も分かっていません。AHCCが子宮頸がんに効果的な可能性はありますが、まだ研究が必要な段階だと言えます。

AHCCの摂取がおすすめできる人は?

ご紹介した調査の結果を見てみると、AHCCの摂取が推奨されるのは、肝細胞がんと乳がんの方です。肝細胞がんに関してはデータも多く、比較的安定した効果が期待できるでしょう。

乳がんに関しては、生存率40%上昇という具体的な数字が出ており、さらに乳がん補助化学療法で使用する医薬品の副作用を軽減する可能性がある、とも指摘されています。その他のがんについては報告が少なすぎて、実際にどのような効果が現れるのかは未知の段階です。

がんを効率的に予防・改善するにはアガリスクがおすすめ

AHCCに関する研究はまだまだ進んでいないのが現状であり、摂取することでどのような効果が現れるのかは分からない部分が多いと言えます。その点、アガリクスに関しては様々な研究結果が報告されているので、摂取した時の効果も予測可能です。

がんへの効果を期待するにはアガリクスの方が有効ですが、例え毎日アガリクスを摂取していたとしても、体が吸収していなくては意味がありません。その効果を発揮させるためには、効率良くアガリクスを摂取することが必要です。

[1]

参考:独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター『(PDF)がんの補完代替医療ガイドブック』

詳細はこちら

このページの先頭へ