MENU
正しく知って免疫力アップ!アガリクスの効果・効能講座 » 他の補完代替療法(健康食品)との比較 » プロポリス

プロポリス

がんの抑制や代替療法としての効果が期待されているプロポリス。その免疫力の調整や鎮痛作用について紹介しています。

プロポリスの効果・効能

プロポリスには免疫力を高める効果や痛みを鎮める鎮静効果、細胞を傷つけずに菌やウイルスを除去する効果があると言われています。1つずつ見ていきましょう。

免疫力をアップして自己治癒力を高める

プロポリスの効果として期待できるのが「免疫力の向上」です。人間の身体は免疫力が落ちると、様々な病気になる可能性が高くなります。プロポリスは、人間が本来持つ免疫力を高めて、病気に対抗する働きを持つと考えられています。

さらに、プロポリスにはドロドロな血液をサラサラにする効果や高血圧の改善、心臓疾患の改善、老化防止などの効果も期待されています。

鎮痛効果による痛みの緩和

プロポリスには「鎮静効果」もあると言われています。プロポリスが含む成分には、体内で痛みの情報である神経伝達物質の生産を抑制する効果があることがわかっています。プロポリスの鎮痛効果は、モルヒネが持っている効果の約5~6倍に匹敵すると言われていますが、鎮痛作用の継続時間が短いというデメリットもあります。

正常細胞にも優しい

抗がん剤投与や放射線治療では、がん細胞以外に、正常な細胞も同時に深刻なダメージを与えてしまいます。しかし、プロポリスやアガリクスなどは、正常な細胞に影響を与えず治療できるというメリットがあります。

がん治療の代替療法に取り入れられているプロポリス

厚生労働省が発表している「がんの代替医療の臨床応用研究と科学的検証」による調査結果によれば、がん治療を継続している44.6%の人が補完代替医療を取り入れており、そのうち96.2%の人が健康食品やサプリメントを使用しています。

内訳を見ると、1位がアガリクス(60.2%)、2位のプロポリス(28.8%)で、アガリクスがプロポリスを大きく引き離しています。アガリクスを利用している人は、全体の6割以上という結果です。

アガリクスのがんに対する効果をもっと詳しく

プロポリスの味・成分をリサーチ!

プロポリスの主成分は「フラボノイド」ですが、その他にアミノ酸やビタミン、ミネラルなども含まれています。フラボノイドには、抗酸化作用や抗菌、コレステロール低下、抗アレルギー、血糖上昇防止などの効果があります。

プロポリスの原液には不純物もまざっているので、そのままでは安全性に問題があります。抽出工程によっては、性質変化が起こることもあるので要注意。販売元や生産地、製造工程、成分の含有量などを示したエビデンスがあると、安心して使用できるポイントになります。

原産地により異なるプロポリスの成分

日本では北海道から沖縄まで、海外だとイギリスやイタリア、ウルグアイ、オーストラリアなど、世界のあらゆる場所で採取できるプロポリス。実は採れた場所によってプロポリスに配合される成分が変わってくるのです。

プロポリスはミツバチが集めてくる樹液を原料として作れる物質。場所によって生育している植物が違うため、プロポリスの成分も場所によって変化するのです。一例として、中国産とヨーロッパ産のプロポリスには多くのフラボノイドが含まれています。これは中国やヨーロッパのミツバチがプロポリスを作るときにポプラ、カバノキ科植物、ヤナギ類などを利用しているためです。

また、ブラジル産のプロポリスには抗菌物質とアルテピリンCをはじめとする抗がん効果の期待できる物質が豊富に配合。ミツバチがブラジルに生育するアレクリンドカンポと呼ばれる植物を利用してるためだと考えられています。同じプロポリスでも原産地によって成分や効果に違いがあるので、自分の望む効果が得られるプロポリスかどうか、あらかじめ調べたうえで購入した方がよさそうですね。

プロポリスの味

まさに「良薬は口に苦し」で、とても苦く、樹液をそのまま口にしたような感じです。強い刺激とヤニ臭さが口に残り、後味があまり良くないと思う人も多いようです。プロポリスの飲みにくさから、最近はアガリクスを選択する方が増えているのも事実です。

プロポリスとアレルギーの関係は?

高い健康効果を発揮するプロポリスですが、体質によっては摂取することでアレルギー症状を起こしてしまう危険性もあります。

プロポリスはハチが様々な植物の花粉や樹液を集めてきて作る物質です。プロポリスの原料となる花粉や樹液に対してアレルギーを持っている方だと、プロポリスを摂取した際に症状が起きる可能性があります。また、そもそもハチによって作られる物質なので、蜂アレルギーを持っている人はプロポリスを摂取すべきではありません。

どんなアレルギー症状がでるの?

プロポリスにより起こるアレルギー症状は湿疹・くしゃみ・鼻水・下痢などです。ただし、これらの症状は身体の健康状態が改善されるときに現れる「好転反応」とよく似ています。くしゃみや湿疹などが現れたからといって、必ずしもプロポリスアレルギーがあるとは言い切れないのです。

もしも強いアレルギー症状が起こると、場合によってはショック症状まで起きてしまうこともあります。プロポリスを摂取する際は少量から徐々に量を増やしたり医師に相談したりして、アレルギーのリスクを回避しましょう。

プロポリスとアガリクスを比較

プロポリスもアガリクスも、摂取することで抗がん作用が期待できる物質です。アガリクスが知られるようになる前は、がんの補完代替医療(※1)に使われるのはプロポリスが定番でした。

プロポリスには高い抗菌・殺菌作用があるのがわかっており、これにより感染症を予防。抗がん剤投与や手術といったがん治療と併用することで、スムーズな快復が望めます。また、プロポリスには血液をサラサラにする働きやモルヒネの数倍とも言われる鎮静効果があり、がん治療の補完代替医療として優れた効果を発揮します。

プロポリスの難点はアレルギー

同じ高い抗がん効果や免疫力向上効果を備えたアガリクスと比較したとき、プロポリスの難点はアレルギーです。プロポリスはハチが様々な樹液を集めて作る物質なので、植物に対してのアレルギーを持つ人が摂取するのは危険です。自分が蜂アレルギーを持っていないかも摂取前に確認しておいた方がいいでしょう。

キノコアレルギーを持つ人は、アガリクスによってアレルギー症状が引き起こされる可能性があります。しかし、どんな樹液や成分が含まれているかわかりにくいプロポリスと比べれば、アガリクスアレルギーのリスクを回避しやすい物質だと言えそうです。

※1:補完代替医療というのは医師の指示のもと実施する治療(手術、放射線治療、抗がん剤投与)などを補ったりその代わりに行なったりする医療のことです。

アガリクスのがんに対する効果をもっと詳しく

プロポリスとは?

プロポリスは、ミツバチが樹液などを少しずつ集めて、蜜ロウや自分の唾液を混ぜて作る粘着性のある物質で、蜂ヤニとも呼ばれています。

プロポリスは、蜂が巣の内部や入口に塗り、死骸の腐敗防止や病気などの感染症から守る働きをしていることから、非常に高い抗菌作用があり、代替療法として期待されています。

詳細はこちら

このページの先頭へ