霊芝

不老長寿の仙草として重宝されている霊芝の特徴や、その効果・効能について調べました。

がん治療の代替治療にも効果的な霊芝の効能

万能薬と呼ばれている霊芝には、β-グルカンなどの栄養素が豊富に含まれています。霊芝は免疫細胞の活性力アップに優れ、糖尿病や高血圧・高脂血症などの予防・改善に効果的です。

霊芝は昔から不死茸や幸茸、神芝などのおめでたい名前で呼ばれ、嫁入り道具のひとつとして娘に持たせるほどの貴重品でした。漢方古典『神農本草経』での記述では「神仙」と表現され、皇帝薬としても珍重されていたそうです。

霊芝に期待できる癌への効果とは

霊芝を体内に摂取すると免疫細胞が活性化され、がん細胞の活動を抑えるのに効果的です。

  霊芝の3つの効果 
  • 血糖値の改善
    霊芝に含まれる多糖体がインスリンの働きをして、血液中の血糖値を低下させる効果があります。
  • 高血圧・高脂血症の改善
    霊芝は神経や血管の状態を改善し、血流をサラサラに改善して、高血圧を引き起こす原因を除去する効果があります。また霊芝に含まれる多糖体がコレステロール排出を促し、血中コレステロールが正常化され、動脈硬化や高脂血症、動脈硬化を予防、または改善する効能もあります。
  • 免疫力の向上
    霊芝に含にまれる成分がナチュラルキラー細胞(NK細胞)に働きかけて、ガン細胞やウイルス感染した細胞を発見すると、すかさず攻撃して拒絶させる効果があります。がん細胞などの悪性細胞と正常な細胞を識別する能力に優れており、悪性細胞だけを拒絶するのが特徴です。

霊芝の科学的データ

次に、霊芝の科学的な研究データを紹介していきます。

中国

慢性気管支炎患者の治療に投与したところ、60%から97.7%の症状回復率を示しました。 そのうち50%は完全に完治し、80%の患者には症状回復に有効的な結果が見られました。

1200人のアレルギー持つ患者に霊芝を投与したところ、84%の患者が改善。その内の40%が完治しました。

同じく中国の研究機関により、霊芝の含有成分がマクロファージとリンパ球の一種であるT細胞の活性化を促し、免疫機能をアップさせることが明らかになりました。

近畿大学

高血圧患者81名を対象とした臨床試験で、服用後に約2週間で血圧降下の効果が現われ、約4週間で明確な結果が認められました。

日本医学関連学会での報告

血糖値抑制効果、抗腫瘍効果、抗酸化、放線防御効果、高血圧抑制、メラニン合成阻害効果、マクロファージ活性化などの効果が検証されました。その一方で「医学レベルでの臨床試験はまだ不十分だ」という意見も存在しています。

1997年日本霊芝国際学会

霊芝国際学会で発表された中国における霊芝の使用効果は、ガン細胞に対する抗腫瘍効果薬として有効率89%、膠原病90%、白血病84.6%、不整脈84.5%、高コレステロール血症86%、アトピー性皮膚炎71.9%など、非常に高い効果を示していることがわかりました。

1995年 Dr.Teow(テオ)

重度の糖尿病患者8人を対象に、約2ヶ月間におよぶ臨床実験を行った結果、インスリン(100IU/mL×60)や血糖低下試薬(250mg/1日)よりも、霊芝の方が血糖値下降に効果的と発表されました。

製品を選ぶときのポイント

霊芝やアガリクスの含有成分であるβグルカンは、どちらも天然に最も多く存在する代表的な多糖類です。

βグルカンは、胃や腸など体内で吸収されにくいのですが、重要な免疫器官であるパイエル板に対し、腸を通過するときに刺激をして免疫力を上げてくれるといわれています。

日本国内では知られていない情報なのですが、海外の定説では、サイズ(分子量)の大きなβグルカンほど免疫器官に働きかける効果が大きいともいわれています。

大きいサイズの「長鎖β-1.6含有β-1.3グルカン(β-1.6-グルカンと少数のβ-1.3グルカンが合体したもの)」を多く含むのは、自然露地栽培のアガリクスだと言われています。

免疫機能を向上させる目的で霊芝のようなグルカンの含まれた製品を求めている方は、免疫器官をより刺激しやすいといわれる分子量の大きなβグルカンを多く含む、自然露地栽培アガリクスを主原料としたものにも注目してみて下さい。