MENU
正しく知って免疫力アップ!アガリクスの効果・効能講座 » 他の補完代替療法(健康食品)との比較 » スルフォラファン

スルフォラファン

さまざまな病気の予防や改善に有効的とされるスルフォラファンの抗酸化作用や解毒作用、また臨床試験によって有効性が証明されている効果について、スルフォラファンの特徴や効果・効能について紹介します。

スルフォラファンの効果・効能

スルフォラファンはがん予防に期待が持てる成分と言われています。がん細胞は活性酸素や発がん性物質の影響によって発生しますが、スルフォラファンには抗酸化作用と解毒作用を高める効果があり、がん細胞の発生を抑制すると言われています。

抗酸化酵素を活性化させる

スルフォラファンは体内の活性酸素を除去する「SOD」や「ペルオキシダーゼ」「カタラーゼ」といった抗酸化酵素の活性を促進してくれます。そのため、抗酸化作用を高めることができるのです。また、スルフォラファンの抗酸化作用は長時間に及ぶ持続力が魅力。高い抗酸化力が120時間以上持続したという研究データもあります。

活性酸素はがん細胞の発生や動脈硬化、糖尿病、心臓病などさまざまな病気の要因です。これは活性酸素がたんぱく質や脂質と結合し、細胞に悪影響を及ぼす「過酸化脂質」に変化してしまうため。活性酸素を除去して病気を予防するには、長時間の抗酸化作用を持つスルフォラファンの摂取が有効的と言って過言ではないでしょう。

発がん性物質を無害化する働き

スルフォラファンには解毒代謝(体内に侵入した発がん性物質を無害化させる作用)に関わる「グルタチオンS-転移酵素(GST)」「NAD(P)H キノン還元酵素」などの酵素や、「グルタチオン」の生成を促す働きがあります。発がん性物質以外の有害物質も体外に排出しやすい物質に作り替えてくれるため、さまざまな病気の予防に役立ちます。

ピロリ菌の増殖を抑える抗ピロリ菌作用

ピロリ菌は胃がんや胃炎、胃潰瘍の発生リスクを高める要因です。スルフォラファンには、ピロリ菌の増殖を抑える抗ピロリ菌作用があります。スルフォラファンが持つ抗ピロリ菌作用は、2002年にファヒー博士によって発表されました。その後、谷中昭典博士がピロリ菌感染者25人に対象にした臨床実験を実施。

高濃度のスルフォラファンを含むブロッコリースプラウトを1日70g、およそ2ヵ月継続して摂取した結果、ピロリ菌の量が8分の1に減少したことを2009年に発表しました。スルフォラファンを継続して摂取することで胃がんや胃炎の予防ができることが証明されたのです。

スルフォラファンの臨床試験結果

臨床試験によってスルフォラファンの有効性が報告されている研究テーマを紹介します。がん細胞の抑制効果として、乳がん・肺がん・胃がん・肝臓がん・皮膚がん・結腸がん・口腔がん・前立腺がんの予防効果。がん以外に対する効果に対しては、以下のものがあげられます。

スルフォラファンとアガリクスの比較

さまざまな病気の予防や改善、健康維持などの効果が期待できるスルフォラファン。しかし、すでにがん細胞が体内にある場合、抗酸化物質を摂取することで、がん細胞が活性化してしまうという研究データもあります。がん細胞が活性化するとがんが悪化するだけでなく、がん転移を促してしまうことも。

アガリクスはがん細胞の発生や進行を抑制するβグルカンを含有

アガリクスはβグルカンを含有しており、その効果を証明するエビデンスも多数あります。がん治療のために用いるなら、できるだけエビテンスや研究が進められているアガリクスを選択する方が賢明かもしれません。

アガリクスの癌に対する効果について詳しく

スルフォラファンとは?

ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科野菜に含まれる「スルフォラファン」はファイトケミカルの一種です。ファイトケミカルとは、健康維持や身体機能の向上などの効果が期待される化学成分のこと。1997年にポール・タラレー博士らによってがんの予防効果が発表され、世間の耳目を集めました。

詳細はこちら

このページの先頭へ