MENU
正しく知って免疫力アップ!アガリクスの効果・効能講座 » 他の補完代替療法(健康食品)との比較 » 冬虫夏草

冬虫夏草

優れた漢方生薬として重宝されている冬虫夏草の特徴や効果・効能について調べました。

冬虫夏草の効果・効能

抗癌作用が注目されている冬虫夏草の成分

冬虫夏草には、抗癌作用が注目されている「β-グルカン」・「エルゴステロール・パーオキサイド」・「コルディセプス酸」・「コルディセピン」といった成分が含まれています。

冬虫夏草に含まれるその他の成分

成分名 成分の働き
マンニトール 血管拡張作用や動脈硬化改善、抗アレルギー作用や抗菌性、脳疾患予防や美容保湿性があります。
SOD 老化や成人病、癌を引き起こす活性酸素を除去する体内酵素です。
セレン 老化防止に役立つ成分。生理機能や免疫力を高めます。また、心臓病・糖尿病・貧血病・白内障の予防が期待できます。
貧血・動脈硬化・骨粗鬆症・慢性関節リウマチを予防します。
カリウム 筋肉内でエネルギー作りを助けます。
マグネシウム 血液中のカルシウムの作用を高め、動脈硬化や高血圧を防ぎます。
マンガン 性的能力を促進し、老化を防ぎます。
リン 細胞核の重要な組織成分。身体の成長にかかせない細胞分裂に必要な成分。
亜鉛 体内の酵素活性成分。生命維持活動の鍵となります。
カルシウム 成長期にとても大切なミネラル。カルシウムが不足すると腰や足に痛みが起こり、骨が脆くなります。心臓の働きにも深い関係がある成分です。
血液を作り出す時に必要な成分です。摂取した栄養素や酵素を体内に運ぶ血液のヘモグロビンの生成に使用されます。
アミノ酸(十数種類) 生命維持にかかせない成分。アミノ酸ごとに働きが異なります。
虫草素 正常な細胞の形成を促進し、癌細胞の増進拡散を阻止すると言われています。
草虫酸 別名D-マンニール。冠状動脈を拡げて赤血球を増加させ、心臓への血液量を増やします。
虫草多糖 β-グルカンに近い成分。免疫力を高めると言われています。
メラトニン 奇跡のホルモンと呼ばれる、間脳上部の松果体という内分泌期間から分泌される脳内ホルモンです。不老長寿のホルモンとして注目されています。

冬虫夏草の臨床試験データ

次に、冬虫夏草の臨床試験データを紹介します。

悪性腫瘍がある30人に2ヶ月飲用してもらったところ93%が効果を実感していることからも細胞免疫機能を強化する働きがあるとみられます。また、肝硬変の22人の被験者に3ヶ月飲用してもらったところ68.0%が効果を実感。腹水患者に特効性があるようです。

ほかにも、不整脈がある277人の被験者に2週間飲用してもらったところ74.4%が効果を実感し、性機能が低下している159人の被験者に40日間冬虫夏草を飲用してもらったところ64.1%が「効果を実感した」と回答する結果が出ています。

冬虫夏草の臨床実験データ

病状 人数 飲用期間 効果を実感した割合 メモ
性機能低下 159 40日 64.1% 常用時に有効
心臓病(冠状) 33 4週間 90.5% -
不整脈 277 2週間 74.4% 特効性あり
高血圧症 273 1〜2ヶ月 76.2% -
肺病 30 2ヶ月 80.0% -
B型肝炎 33 2ヶ月 78.6% 免疫球タンパク強化
肝硬変 22 3ヶ月 68.0% 腹水患者に特効性あり
悪性腫瘍 30 2ヶ月 93.0% 細胞免疫機能強化
アトピー性皮膚炎 38 2ヶ月 89.6% -
気管支炎(喘息) 41 3ヶ月 94.2% -
糖尿病 29 1〜2ヶ月 86.9% -
リューマチ 3 12ヶ月 82.0% -
血小板減少 30 1〜2ヶ月 89.8% -
白血病 35 1〜2ヶ月 85.7% 白血球、血紅タンパク強化
鼻炎 43 1ヶ月 93.0% -
耳鳴り 23 4週間 90.0% 急性患者にも有効

日本東洋医学会での報告

ハナサナギタケ主体の日本冬虫夏草培養液抽出物数種類を1ヶ月以上服用した全国の癌患者のうち、症状が改善・改善された可能性がある98名に調査を依頼しました。協力に応じたのは22名。そのうち、X線やCT撮影などで癌の縮小といった客観的なデータ提供が7名からありました。いずれも転移が進んだ末期癌でした。

(株)バイオコクーン研究所

シネンシストウチュウカソウからの熱水抽出物のマウス試験を行ったところ、老化が促進されたマウスの文脈学習記憶と空間学習記憶が向上しました。また、ラットの性的機能を増進することから、アンチエイジング効果が示唆されています。

冬虫夏草製品を選ぶときの注意点

冬虫夏草は本場中国でも絶滅の危機です。そのため、一般には入手が困難と言えるでしょう。取引価格が高いこともあり、まがいものが多く流通していますので注意しましょう。

製造元が確かなものを選ぶ

海外から輸入される冬虫夏草は、特に素材の品質がわかりません。取引価格が高額であるため、重金属をまぶして重さをごまかしている製品もみつかっています。素性がわからない場合は、なるべく国内の冬虫夏草を購入した方が良いでしょう。

製造方法を確認する

冬虫夏草は昆虫生体培養によって作られている商品を購入しましょう。国内の冬虫夏草培養では、穀物の培地に栄養分を混ぜて子実体のみを育てる方法や培養液の中で菌糸のみを培養する方法などが行われています。しかし、冬虫夏草は生きた蛹と冬虫菌が戦うことで有効成分がうまれるため、異なる方法で作られた場合、成分も違うものになってしまいます。

含有量を確認する

冬虫夏草配合と記載されていても、実際には冬虫夏草が極微量にしか含まれていない場合もあります。購入前に含有量を確認するようにすると良いでしょう。

冬虫夏草とアガリクスの比較

冬虫夏草とアガリクスには、どちらにも「β-グルカン」という免疫力を向上させ、がん細胞の働きを抑える有用成分が含まれています。そのため、抗がん効果をはじめとする健康効果は、冬虫夏草とアガリクスのどちらを摂取しても得られるといえそうです。

なかでも、より効率的に免疫力を高められるのは、分子量の大きいβ-グルカンを持つアガリクス。免疫力向上という点においてはアガリクスに軍配が上がると言えるでしょう。また、補完代替医療として国内でも使用している人が多いアガリクスの方が安心感を持って服用できそうですね。

アガリクスの癌に対する効果について詳しく

冬虫夏草とは?

中国で古くから薬草として用いられ、宮廷でも強精強壮や不老長寿の妙薬として珍重されていた冬虫夏草。1993年の世界陸上選手権大会で世界記録を次々とぬりかえる活躍をみせた中国女子陸上チーム通称「馬軍団」が愛飲していると世界中に報道され、一躍有名になりました。

詳細はこちら

このページの先頭へ