MENU
正しく知って免疫力アップ!アガリクスの効果・効能講座 » アガリクスに期待できる効果・効能 » 注目の育毛効果

注目の育毛効果

近年、癌(がん)やアレルギー緩和で注目を浴びているアガリクスですが、育毛にも効果的なことがわかっています。ここでは、実際に発表されているデータを元に、アガリクスの育毛効果について解説します。

育毛促進に効果的なアガリクス

血液サラサラ!髪の毛も元気に

髪の毛は、たくさんの栄養を含んだ血液が毛細血管を通って、毛根から吸収することで少しずつ成長します。つまり、日頃から血液をサラサラにし、毛細血管を通っていつでも栄養が髪に届く状態を整えることが大切です。アガリクスは血液中の赤血球の動きを正常化し、血流を改善します。さらに血中コレステロールも正常化させるので、健康な血管と血液の改善にとても効果的。血液が健康状態であれば、髪の毛一本一本に栄養が行き届き、成長につながります。

アガリクスの中には「GABA」というアミノ酸が含まれていて、育毛促進効果はこのGABAの影響だと考えられます。アガリクスの中のGABA量は極めて多く、アガリクス以外のキノコ113種類中のGABA量と比較した結果、平均的に約14倍ものGABAが含まれていると報告されています[1]。

GABAの効果は、血圧低下、血流改善効果、成長ホルモン分泌効果などです。GABAは人間の脳や脊髄にも含まれ、神経伝達物質として脳に働きかけて血流を促進させます[1]。さらに、成長ホルモンを増加させる働きがあるため、健康的な髪の毛の成長を促進させる効果も期待できるでしょう。

タンパク質や必須アミノ酸などの栄養が豊富

髪の成長にはタンパク質やアミノ酸が必要です。アガリクスはβ-グルカンの他、ビタミンB、ビタミンD、ミネラル、セレン、カルシウム、アミノ酸、ポリフェノールなどの栄養が含まれています。また、アガリクスに含まれるポリフェノールには育毛効果が促進される「IGF-1」(インスリン様成長因子)といわれる骨や筋肉、髪の毛の形成に役立つ要素を増やす効果があります。ちなみに、「ハウス栽培のアガリクス」より「自然露地栽培アガリクス」の栄養成分1.5倍であることが研究結果でわかっています。

アガリクスの栄養価がどれだけ優れているか、他の食品と比較してみましょう。次の表示栄養素は、乾燥アガリクス100g中に含まれる栄養素と、各食品100g中に含まれる栄養素の比較です。

たんぱく質

アガリクス:38.1g/牛肉(脂身付きもも):19.2g/大豆(ゆで):14.8g

ビタミンB2

アガリクス:3.20mg/牛レバー:3.0mg/牛ハツ:0.9mg

ビタミンD

アガリクス:60.6μg/カタクチイワシ(田作り):30.0μg/サンマ(みりん干し):20.0μg

出典:文部科学省『第2章 日本食品標準成分表』

出典:元井 益郎『露地栽培アガリクスの機能性に関する研究』

それぞれの栄養素を特に多く含んでいる食品と比較してみると、かなり高い栄養価であることがわかります。

通販で買える・アガリクスサプリメントの商品比較カタログはこちら

髪の成長期を延長する

アガリクスの注目すべき効能として、「髪の毛の成長期を延長させる」というものがあります。髪の毛は毛穴ごとに、新しい毛が生えきて成長する「成長期」、成長しきった毛が抜けていく「退行期」、その中間に位置する「休止期」の3つのサイクルを順番に繰り返すことで、常に一定の髪の量を維持しています。そのため、髪を薄くしないためには、成長期を長くすることが大切。

髪の成長期を延長させる働きのあるものは、「IGF-1(インスリン様成長因子1)」という物質です。IGF-1は成長期を延長させるだけでなく、退行期や休止期を短くする働きもあるとされ、その結果発毛に繋がります[2]。そして、アガリクスの中に含まれている「GABA」というアミノ酸は、成長ホルモンの分泌を促進させることで、IGF-1を増加させる効果がある物質だとされているのです。

また、アガリクスにはたんぱく質やアミノ酸、ミネラルが多く含まれているので、成長期の間に健康的な髪の毛を生やすことができます。IGF-1によって髪の毛の成長期を延長し、豊富な栄養素によって丈夫な髪の毛を発毛させるのがアガリクスです。

自分でできる薄毛、抜け毛対策

頭髪の汚れをしっかり落とす

毛根に頭皮や皮脂、シャンプー、コンディショナーなどが詰まると抜け毛の原因になります。洗髪時には、きちんと毛穴に詰まった余分な汚れを洗い流し、清潔にするように心がけましょう。毛穴がきちんと美しくなった状態で髪に栄養を与えることが、薄毛や抜け毛の対策にはもっとも効果的です。

栄養の摂れた食事をする

薄毛や抜け毛の原因として、過度のダイエットが影響している場合があります。ダイエットをすることで髪に必要な栄養素が不足し、髪が細くなって抜けてしまうのです。さらに、栄養が足りないと新しい髪の成長にも影響があり、薄毛の原因になります。生活習慣の改善を心がけながら、食事や栄養補助食品で栄養を補うのがおすすめです。育毛対策には日頃からの生活習慣の改善も必要です。できることからはじめていきましょう。

良質な睡眠

抜け毛を予防して健康的な髪を成長させるためには、質の高い睡眠をとることが大切。その根拠は上でご紹介したように、成長ホルモンとIGF-1の関係性にあり、IGF-1の分泌は成長ホルモンに依存しているためです。

入眠後4時間の成長ホルモン分泌量と血清IGF-1(26-46)との間には有意の正の相関が認められ,IGF-1産生には成長ホルモンの持続的刺激や生理的な持続分泌量の増加が重要な役割をなすことが示唆された。

出典:一般社団法人 日本内分泌学会『血清インスリン様成長因子1(IGF-1)(26-46)ラジオイムノアッセイ一特にIGF-1(26-46)と成長ホルモン分泌の関連性について一』

このように、睡眠時に成長ホルモンが分泌されていることが、IGF-1を増加させるためには重要なポイント。特に眠り始めてから4時間後というのは、深い睡眠に入っている時間帯。その深い眠りにつく時間をしっかりと確保することが、髪の成長には欠かせません。

[1]参考:東京衛研年報『(PDF)健康食品に含まれる化学物質の実態調査− アガリクスについて−』

[2]参考:公益財団法人 日本醸造協会『”百薬の長”の効能のメカニズムを探る』

詳細はこちら

このページの先頭へ