MENU
正しく知って免疫力アップ!アガリクスの効果・効能講座 » アガリクスに期待できる効果・効能 » 心臓・肝臓などの保護作用

心臓・肝臓などの保護作用

アガリクスには、心臓・肝臓などの保護作用があることが証明されています。ここでは、実際に発表されているデータを元に、心臓・肝臓などの保護作用について解説します。

アガリクスの臓器への効能

心臓への効果

東京大学で行われた研究で、「自律神経に働き、血圧、心拍数を調整する作用」、「心臓などの臓器の保護作用」、「中性脂肪を下げ、体重増加抑制する作用」というアガリクスの効果が明らかになりました。

これは自然露地栽培で収穫されたアガリクスは、心拍数や心筋梗塞の指標「クレアチンキナーゼ」の上昇を抑制するだけでなく、肥満防止にも効果があることが動物実験で実証されたもの。

自然露地栽培アガリクスの心拍数・血圧を整える働きによって、心臓への負担を減らすことができ、免疫活性だけでなく、心臓の保護や細胞の代謝活動の活性化、自律神経の調整、脂肪燃焼にも有効であることが証明されました。

その成果は米国科お学誌【Journal of Medicinal Food】の電子版に論文掲載されています(Journal of Medicinal Food. 2014 Jan 16. 『Agaricus brasiliensis KA21 Improves Circulatory Functions in Spontaneously Hypertensive Rats』 『KA21アガリクスの高血圧自然発症ラットに対する循環機能の改善作用』)。

通販で買える・アガリクスサプリメントの商品比較カタログはこちら

肝臓への効果

肝臓の病気の一種である肝炎は、お酒の飲みすぎや不規則な食生活が原因だと思われていますが、これは間違い。実はウイルスが原因で起きる病気なのです。

肝炎ウイルスが体内に入り込んでも肝臓を直接攻撃することはなく、すぐに肝炎が発症するわけではありません。肝炎は、この体内に侵入したウイルスを排除しようとする免疫機能によって引き起こされます。

免疫機能は、ウイルスを攻撃する時に肝臓の細胞まで一緒に攻撃。そのため肝臓が炎症を起こして肝炎が発症します。

アガリクスは肝炎の予防にも高い効果があることが臨床的に実証

これはβ-グルカンやヘテログルカンといったアガリクスに含まれているタンパク複合体が、免疫細胞からタンパク質サイトカイン分泌を促したり、インターフェロンを活性化させる効果があるからなのです。

このインターフェロンはウイルスなどに感染した際に体を守るタンパク質で、肝臓の細胞を壊さずに、ウイルスを攻撃することができます。

また最近の学会で、アガリクスの栽培方法の違いによる肝臓の保護作用について発表されました。それによると、ハウス栽培に比べて露地栽培アガリクスの抗酸化活性が高く、肝保護作用(炎症抑制効果)も強力であることが明らかになったそうです。

抗がん剤治療への効果

アガリクスには抗がん剤の副作用を軽減したり、効果を高めたりする働きがあると言われています。

マウスに行なった肺がん転移についての実験では、アガリクスを抗がん剤と一緒に投与することで抗がん剤の効果が高まったという結果が報告されました。

実験では肺がん細胞を移植したマウスに抗がん剤単独・アガリクス単独・アガリクスと抗がん剤の併用投与を行ないましたが、最も効果があらわれたのが併用投与だったそうです(伊藤ら、第3回日本菌学会国際シンポジウム, 1995)。また、抗がん剤や放射線治療によって引き起こされる副作用の症状を抑える効果も認められました(伊藤ら、第57回日本癌学会総会記事, 1998)。

同様の試験は人に対しても行なわれていて、抗がん剤治療を受けている子宮がん・卵巣がん患者にアガリクスを摂取させたところ、がん細胞を攻撃してくれるNK細胞の活性化や抗がん剤による食欲不振・脱毛・全身脱力感の軽減が見られています。

アガリクスを過剰摂取すると副作用がある?

免疫力を高めてがんを予防すると言われているアガリクスですが、反対に、がんの発生を促進させる可能性もあると考えられています。

厚生労働省からの報告によると、アガリクス製品をラットに与えたところ、一部の商品で過剰摂取による発がん性が認められたそうです。

目安量の5~10倍でがんの発生を促進する可能性

ラット(ネズミの一種)を用いた発がんを促進する作用を確認する試験を行ったところ、「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(販売者:キリンウェルフーズ(株))」について、 製品の摂取目安量の約5倍から10倍程度の量を与えたところ、多臓器イニシエーション処置を行った試験系において発がんを促進する作用が認められたものです。

出典:厚生労働省『アガリクス(カワリハラタケ)を含む製品に関するQ&A』

イニシエーションというのは、がんが発生する最初の段階のことで、傷ついた細胞が修復されることなく、そのまま機能異常を起こしてしまう流れのことを言います。

がんの予防、改善のために毎日欠かさずアガリクスを摂取しても、発がん性があるものならば逆効果になることは確実です。

報告では摂取目安量の約5~10倍での実験となっているので、通常の摂取量では問題がないと考えられます。ですが、毎日の摂取目安量を守ることはもちろん、市販のサプリメントなどを使用するのであれば、安全性の高い商品を選ぶことが非常に重要です。

発がん性の原因は「アガリチン」?

アガリクスの中に含まれる成分として、「アガリチン」というものがあります。アガリチンはマッシュルームにも含まれている成分で、長期的にマッシュルームを摂取し続けた際に発がん性が認められたことから、アガリチンを含むアガリクスの毒性についても懸念されていました[1]。

そして、一部のアガリクス製品の中には、アガリチンが多く含まれているものがあり、その影響で発がん性が認められたのではないかとも言われているのです。

一部のアガリクスを含む製品にアガリチンがN.D.~最大2,017μg/g dryの範囲でアガリチンが含まれているものがあることが確認された。また、マッシュルーム(Agaricus bisporous)中には198μg/g wet,のアガリチンが検出された。

出典:独立行政法人 福祉医療機構 WAM NET『(PDF)アガリクスを含む製品の食品健康影響評価について』

マッシュルームであっても、長期的な摂取で発がん性があるとされていることを考えると、約10倍もの量のアガリチンが含まれている可能性があるのですから、発がん性があると指摘を受けても決しておかしくはないでしょう。

アガリクス製品摂取で肝障害を引き起こしたケース

過剰摂取ではないものの、アガリクスの摂取自体に副作用があったという報告もなされています。がんを発症していた患者がアガリクス製品を飲んでいたところ、重度の肝機能障害を引き起こしたというのです[1]。

ただし、アガリチンの毒性については確実ではなく、「アガリクスの摂取が肝機能障害を引き起こした」とまでは言えないのが現状のようです。

参考[1]:食品安全委員会新開発食品専門調査会『(PDF)アガリクスを含む製品』

詳細はこちら

このページの先頭へ