MENU
正しく知って免疫力アップ!アガリクスの効果・効能講座 » アガリクスに期待できる効果・効能 » 睡眠の質への働き

睡眠の質への働き

アガリクスには免疫機能の向上に加え、睡眠の質を高める効果も期待されています。研究データなどを詳しくまとめてみたのでご覧ください。

睡眠不足と自律神経の深い関係

昔から「寝る子は育つ」と言われるように、成長ホルモンの分泌が活発になる睡眠は健康や若さを維持するために必要不可欠なものです。体の免疫力を高める白血球やリンパ液も眠っている間につくられています。睡眠不足が重なるとミスを起こしやすくなったり、太りやすくなったりするなど身体に悪影響を与えることも…。この睡眠に深く関わっているのが自律神経です。

緊張したときや興奮したときに活発になる交感神経と、リラックスしているときに活発になる副交感神経があり、このバランスによって睡眠の質が決まります。自律神経が整っているうちは夜になると自然に副交感神経が優位になるため、質の高い眠りにつくことができるのです。しかし、現代社会では生活スタイルの多様化やストレスによって自律神経のバランスが崩れやすくなっています。その結果、睡眠不足や不眠症など睡眠障害を起こしてしまう人が増えているのです。

知っておきたい睡眠のメカニズム

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり、基本的に眠っているときはこの2つを60~120分周期で交互に繰り返しています。

ノンレム睡眠 レム睡眠
眠りの深さ 深い 浅い
休んでいる 活動している
筋肉はやや緊張状態 休んでいる
心拍数 低い 変動が大きい
自律神経 ゆったりしている 不安定

眠りの浅いレム睡眠時は脳の記憶を整理する時間。深い眠りのノンレム睡眠時には脳をはじめ、大脳皮質や交感神経を休めています。とくに眠りはじめてからの90分間は、最も眠りの深いノンレム睡眠が訪れるためとても重要。この時間の眠りの質を高めることで後のレム睡眠も整っていき、全体的な睡眠の質が上がっていきます。眠りはじめの90分を睡眠黄金タイムにするためにも、交換神経を刺激せず自律神経を整えることが重要になってくるでしょう。

研究データの多い「キングアガリクス」

自律神経の乱れを整え睡眠の質を上げる効果が期待されているのがキングアガリクスです。複数の研究結果でその効果が見られています。

通販で買える・アガリクスサプリメントの商品比較カタログはこちら

詳細はこちら

このページの先頭へ